House SH

 独立して間もない頃に設計した小さな住宅である。まず道路側に駐車場をとり、敷地いっぱいに建物を計画した。最大の問題は、唯一開放できる面が北側道路のため、室内に直射日光を導くことができないことだった。しかも、道路の向かいにはマンションの南面バルコニーが並んでいて、プライバシーの問題上、道路側に開口を設けることは難しかった。

 photo

 そこで道路側の外壁には窓を設けず、トップライトによるライトウェル型の採光方式と、日光が地下まで届くように設計した。特に、30 ㎡に満たない小さなリビングは明るい光で満たし、広く感じることのできる空間が求められた。そこで法定の建蔽率である60%を最大限利用できるように、リビングの壁を内側から押し出して建蔽率59.9%のところで止めた。

 photo

 その結果生まれた柔らかな曲面壁は、無限の奥行きを持つことになった。そこにトップライトからの光が反射して、部屋の奥にやわらかく届くのである。壁の奥行きや高さがグラデーション状に変化するため、浅い部分であれば子供が、深い部分であれば大人が、自分の体型やふるまいに合う場所を能動的に発見できる。実際、住人の女の子はこの窪みによじ登ったり、滑り台にしたりして遊んでいる。

 photo

 この建物は、ふるまいの手がかりにあふれ、使うほどに体が馴染む。そこでは、建物と人間の関係がより一層密接になり、様々な使い方や意味、予想もしないふるまいが生まれる。建築と豊かな関係を持ちながら、愛着を育んでいく住宅である。

Completion
2005.11
Principal use
Residence
Structure
Reinforced Concrete
Site area
41㎡
Total floor area
87㎡
Building site
Tokyo
Structure design
Shuji Tada Structual Consultant
Contractor
Higashiyama Koumuten
  • インテリアプランニング賞 最優秀賞・国土交通大臣賞
  • INAXデザインコンテスト 銀賞