GNH Center in Bhutan

 ブータン王国のワンチュク国王の提唱により生まれた、国民総幸福量(GNH)の哲学を実践的に伝えるためのリゾート施設とカルチャーセンターの建設計画である。我々は当時ブータン首相であったティンレイ氏から要請を受けてマスターアーキテクトとして参画し、約170,000㎡の敷地に、大小合わせて25棟の宿泊施設、レストラン、コンベンションホール、スパやメディテーションのための施設などを計画した。 敷地はブータンの北部、ブムタンにある国立公園の入口付近にあり、川に面する山間地帯である。自然と一体となった様々な建築的エレメントによって、訪問者が伝統的な生活や文化を体験することができるように構成されている。現代の建築設備に頼らない生活を送るブータンの人々の知恵を活かし、太陽光、風、地熱などの自然エネルギーを最大限活用し、持続可能なライフスタイルの促進を目指している。そのため、建築はブータンの伝統的な建築様式を積極的に取り入れながらも、現代の生活や技術に適応できる計画としている。 GNHセンターは環境保全や文化の啓発と良好な管理、公正で継続的な社会経済の発展の統合を求めた、国民総幸福量の哲学を実践するマニフェストの場となることを目指している。

image by Hiroshi Nakamura & NAP

Completion
2022
Principal use
Resort & Culture Center
Site area
169,974㎡
Building site
Bumthang,Bhutan