ギャラリー桜の木

 高原の避暑地である軽井沢に建つ画廊である。絵をかけるための壁面を量的に確保しつつ、個室で絵と1対1で向き合えるような落ち着いた空間とした。絵の雰囲気に合わせてテイストの異なる仕上げを施し、小部屋を集積させたのである。 ただし壁が多い上に厚いと、各部屋は窮屈になってしまう。軸組工法や、ツーバイフォーのような枠組み工法では壁が厚すぎて、面積のロスとなる。そこで仕上げと構造を兼ねることで、厚みわずか30mmのカラマツ集成材による木の壁構造を実現した。

 photo

 photo

 開口部は個室の閉塞感を解消するために、視線が抜けるように配置。軸力の負担を分散しつつ、集成材の割れを防止するために、入隅のないアーチ型とした。その開口がスケールを変えながら連続することで、子供の頃に紙で組み立てたドールハウスの中にいるような感覚が生まれた。

 photo

 photo

 photo

 photo

 自分の体が小さくなったような感覚。実際以上に奥行きが深く、吸い込まれるようなギャラリーである。仕上げは、薄く繊細な木の構造壁が感じられるように、ベルギーレースや和紙、渋柿塗装などの透ける素材を、ほんのりとした薄化粧のように纏わせた。

Completion
2007.12
Principal use
Gallery
Structure
Timber
Site area
268㎡
Total floor area
149㎡
Building site
1151, Kyuukaruizawa, Karuizawa, Kitasaku Gun Karuizawa Machi, Nagano
Structure design
tmsd
Contractor
Maruyama Koumuten